2019年02月09日

タチウオとタマン料理!


お久しぶりです!

料理記事が苦手すぎて後回し後回しにしていたあっとです笑

そろそろ書かねば忘れてしまうので、遅ればせながら書きます。


新年早々釣ったタチウオと、タマン先輩

オススメされた料理方法でやってみました。

まずはタチウオ、デカすぎてまな板役立たず
2A499883-ADF8-4C49-ADEC-3333AEB026F7.jpg

頭と尻尾はカットし

三枚におろしてた骨部分と一緒にあら汁に。

味噌とか入れなくても出汁が出るので…出汁のオンパレードです笑

そしてそして肝心の身の部分CF0F7E98-1F20-42BD-8AAC-70A89BB54E93.jpg

内臓取った直後

わりと白っぽくていい感じ!

川を引いた刺身、皮付き炙り刺身で半分はキープ。

もう半分は唐揚げに。

手抜き唐揚げなので、胡椒まぶした身に片栗粉つけて油で揚げるだけですが笑

まるまる1匹で3品作れちゃいました。
6287AE96-6D1C-4636-8C2B-C044C6C4CE46.jpg

皮引き刺身は、身が柔らかく…脂が少ない感じ。

炙りは脂が乗っててすごく美味しかったです。

いや、初めから全部で炙りでもよかったくらい笑

スープはあら汁そのまんま、塩胡椒で飲めちゃいました…笑

また釣りたいタチウオでした!


その数日後ツレが釣ってきたタマン!

刺身としゃぶしゃぶ、バター焼きにしてみました!

ちなみに刺身は、55センチサイズでは寄生虫がいる可能性があるのでオススメしないと言われましたが。。

せっかくなので刺身も食べたい!

頑張ってさばきました。

正直このサイズの魚は、捌くの初かも知れません。

昔捌いたカツオ以来かもです笑

とりあえず包丁で頑張って力技!w

ウロコ、頭落とすのも大変でした…

この日は普通に三枚におろしてしゃぶしゃぶになりました。

4090DCFE-0D7E-4AD7-8E59-04ED00DD6424.jpg
軽く湯がくだけで柔らかく、キムチが効いて美味

ツレ曰く臭みがあるらしいけれど、キムチでほぼ消えました笑

その後のバター焼きと刺身(炙り)
F38D7B47-3309-4E78-BB3E-F06430BB999D.jpg

ツレがやっぱり臭みがあるというので、刺身は匂い苦手な人はオススメしません。

定番のバター焼きは

身を先にカラッと揚げてから、バターとニンニクで焼いたら最高でした!

ネギも撒いたら完璧。

タマンはバター焼きが最高ですね…笑

一番、30〜40センチくらいのタマン系の魚がバター焼きで人気らしいですね。

ツレが師匠と一緒にフカセで釣りまくったクチナジやちびタマンを、バター焼きにして知り合いに振舞ったらかなり喜ばれました笑

今年はスタートから美味しい魚食べれて、幸せです٩( 'ω' )و
posted by あっと at 18:27| Comment(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

ハンゴーミーバイとグルクン料理

最近Twitterを始めていろんな方の魚料理をみては、とてもおいしそうで盛り付けまでこだわっていてちょっと料理晒すのが怖いあっとです!笑

あまり魚が釣れない者なので、魚料理と言っても不慣れですが笑

頑張って捌いて作りましたw





まずは釣行後すぐ10匹くらいの魚をお家で下処理。

(グルクン9匹はツレと私の実家へ、イラブチャーは私の元うみんちゅの祖母が食べたがっていたのでプレゼント)

たくさんあげたつもりでしたが、充分あまっていたので、

一番大きいグルクンとハンゴーミーバイだけうちで食べて、残りはツレの会社の同僚におすそ分けと言うことで、下処理してフリーザーしました。

まずは翌日にハンゴーミーバイを刺身にしてみました。

不慣れな三枚おろし〜
DDC0911C-687E-4316-B44A-EE51AFFCBE53.jpeg

ちょっと身を残してしまいましたが、気にしない!あら汁にするから!

その後皮引き
BCA37327-B141-4D8E-801B-2C95CD200052.jpeg

ハンゴーミーバイさんの皮が硬くてとても引きやすかったです!

白くなってる部分はレンチン解凍の仕業

次からは凍らせず、冷蔵で寝かせて食べる刺身もやってみたいです。(とても美味しいらしい)

残った頭部とアラ骨は味噌汁に入れてアラ汁

脂が出るわ出るわ…たっぷり脂が乗ってたみたいです。

頭部を別皿に置いて完成!
BABC799C-7584-470B-98F8-7F5656DD6B90.jpeg

豪快な盛り付けですみません。

刺身にタンポポの花でも摘んできて添えたかったな笑

いざ実食!

刺身の方は醤油付けず食べても味があり、プリプリして食べ応えアリ。

きれいな白身で見ても食べても美味しかったです♫

アラ汁の方は魚の風味があり、頭部や骨に少しついた身がとても美味しかったです。

臭みもなくパクパクいけました!根魚神!


翌日はグルクン料理!

同じよう三枚おろしにして、

皮は取らず食べやすい大きさにカットし

オリーブオイルと刻みニンニクと鷹の爪を熱したフライパンで焼きます。
88CC21CE-2EBF-40C6-B326-DC8596B835B6.jpeg
アサリを加えて、醤油とバジルで味付けし

完成、グルクンのアヒージョ風炒め笑
E40FEFF0-D134-4AB3-9258-D7AC0BE3D05B.jpeg
身が柔らかく、崩れないように盛り付けしたつもりです笑

こちらも実食!

骨も取ってあるのでパクパクいけちゃうらしく、焼き魚を好まないツレがほとんどペロリと
食べてしまいました笑

味付けがシンプルでしたが、柔らかく食べやすいため、子どもでも喜んで食べられそうです。

グルクンさん…ウマイ。また釣りたい笑

今年はグルクンの数釣りにハマりそうです!

今回はたくさん魚を捌いても、手の魚臭を取ってくれるフィッシュソープなるアイテムが大活躍しました。(友人からのプレゼント)
よく釣って食べる方にはおススメです♫

posted by あっと at 15:03| Comment(4) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

釣った活車海老を食す!


前回の記事にて、フィッシングコンテンツトレードショーで釣った活車海老4匹
早速その日の夜でいただきました!

フライにしても美味しいけれど。

せっかく新鮮なまま仮死状態なので

刺身にして見ました!




まずは頭を落とします

手で思いっきりぶちり。
3ACFDF47-94C3-4E6A-8754-88E74EA66BDC.jpg
7BE722EA-4E6B-4797-84FF-862C7460B032.jpg
仮死状態から目が覚めたエビはぴょんぴょん跳ねるので、ちょっと怖かったです笑

私はぶちりしたらそのまんま体の皮と足をむしります。

身は新鮮なためか、全然崩れないので取りやすい。

しかし落とした頭がピクピク動いて怖い〜!!

頭は素揚げにするので保存です。

全部むしったら、こんな感じ。

1E6A944C-3182-4E54-9C70-577A20D54AFC.jpg

ワサビをおいて、甘口醤油でいただきます!

若干口の中に入れてもピクピク動くので踊り食い状態笑

ツレにもあげたら1匹目が口の中で暴れたらしく

トラウマになったので食べれないとのこと^_^;

代わりにいただきました。

身が新鮮でコリコリしてて甘くて美味!

とても美味しかったです

ツレのために尻尾と頭を素揚げしてあげました。
0906D729-5017-4541-8458-1929940C7679.jpg
エビフライみたいで美味しいです!

もっと食べたい!だけど、調理は四匹くらいで限界ですかね( ;∀;)
仮死状態が治ったら逃げちゃうので大変

のちに調べたら、氷に付けてあげたら動かず捌きやすいとの事でした。

活車海老が手に入ったら、挑戦してみて下さいね♫

口の中で動く海老が美味しいですよ笑

(なるだけ生きてる新鮮な状態での刺身がおススメです。どうしてもできない場合は、冷凍してから湯通しして刺身が可能とのこと)



posted by あっと at 21:16| Comment(2) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク