2019年02月25日

ホームでナイトセイバー使ってみたレポ


先日、ちょっと変人な友人がナイトセイバーを購入したので

ツレと友人Yさんと3人で、ホームでフカセしつつ、ナイトセイバーで釣りして来ました。

しかし、私の中では渋い渋い2月の釣り。

頑張って磯まで降りて、

撒き餌も気合い入れてV9徳用一袋を買い

2時間の釣りだったので3人で分け…笑

とりあえずなんでもいいから釣ろう大会。




ツレは得意のおじさんを釣り

友人は最近友達になったモンガラを釣って激おこ笑

しかし私のウキはビクともせず。。

今日は坊主かな!?とヒヤヒヤしてたら

ウキがゆるーーーーく沈む。

A072ED8F-6FB9-4A91-A25E-35319626DF51.jpg

あまり期待せずアワせてあげると初、フカセでミニウツボ

しかも自らハリスにグルグルからみつき、

苦しそうにしてたので

大事なハリスをちょきちょき切って逃しましたよ!

釣っちゃってごめんねって思いつつ

恩返ししてほしい気持ちになりました笑

ハリスが切れたらいつものルアータイム。

ルアーは持っているけれど、

マイエギングロッドを忘れる始末笑

仕方なく…いやこの機会に友達が偶然持って来てたナイトセイバーを借りよう!

タックルはまさかの

ナイトセイバーに

道糸ナイロン4号くらい巻かれてそうな初心者用無メーカーリール。

これでは確実に遠投できないし、

ちょんちょん釣りしても

ナイロンがフロートタイプなので、ワームが浮く。

重いルアー付けても…うまく動かせる自信はない

何より、沖縄の根が多い磯では重めのルアーは不向きでしょう。

仕方なく寒さと風から逃げながら、岩の間に隠れる。

かりたナイトセイバーは120センチ?の長さ。

とりあえずめちゃめちゃ短くて、硬い笑

岩の間に持って行ってもあまり邪魔になりません。

岩の隙間にダメ元でワームを落とす。

超水面近くで波に流されてゆらゆらするワームをじっと見てると…

赤い魚影が思いっきりガブリ!!

と食いつく

嘘でしょ〜
B9D6BAC5-E6E4-407E-9B90-EBF705B76938.jpg
ミニミニななんちゃらエビス?が反応してくれました。

この子は鱗は痛いし、棘?があるのか素手で触るととても痛い。

触らないようリリースして

その後も別の岩の隙間で同じサイズがかかるも即リリース笑

かなり期待してなかった釣り方で、風から隠れてただけで遊んでくれたので

とりあえずナイトセイバーは楽しいなぁとなったのでした笑

何よりこんだけ釣っても身崩れひとつしないスパークは最高ですね。
E2C8D929-5859-4B5B-8240-601EB2A89BC9.jpg

同じワームで前のちょんちょん釣りからずっと使えてるので、

コスパ的にもオススメですね٩( 'ω' )و

次回

地元タチウオ攻略編書きます!



posted by あっと at 23:47| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

初タマン!ツレ釣果編


今年始まり、1月が早くも終わろうとしていますね

実は先日、師匠から連絡あり

打ち込みしにおいでと言うことで近況報告しながら久しぶりに師匠と釣りに行って来ました。

いつもの師匠ポイントに待ち合わせ、珍しくほかの弟子さんたちも居らず。

しかし、先約もいたので一番座は譲りながらも

水路に向かって打ち込みます。

師匠の竿一本と我々の竿一本。

22時開始するも、アタリは一番座の竿のみ。

エギングしながら待つ。

ランアンドガンしていると私とツレの出した竿にアタリ。

走って戻るを繰り返しました笑

痩せそうになりながら、やはり見張ること2時間

流石にそろそろ帰るということで、一番座2番座は開いたので場所移動。

深夜の1時半になっていたので、流石にたくさん竿は出せないため師匠からの提案で

一本の竿にかけて、一発勝負しよう

とのこと。

一か八かではあるけれど

遠投とフッキングは師匠がやってくれるらしいので

アタリさえあればほぼ確実に上がる。

頼んで一発勝負に臨みました。

投げた瞬間、

師匠「これ、釣れたわ笑。いいところに落ちたし、水深もベスト!今日は釣れるぜ」

と、結構大げさに言うのでテンション上がる私とツレ笑

今回は、大物を釣ったことがほとんどないツレに釣ってもらうことに。

期待しながら待つこと30分。

チリン、からの

竿がガン曲がり!!

ドラグも出る。

これは確実に50アップだ!

と師匠がすぐさまドラグ閉めてフッキング。

ツレに竿が渡される

ツレ「やばい!やばい!腰痛いwww」

と、言いながらも

魚が走ってる時はあまり巻かず、

鈍くなった時にひたすら竿を下げながら巻く→立てる

を繰り返すこと3分ほど

水面に白っぽい魚体が浮かんでくる。

ここまできたらもう竿は立てず、

タモで師匠がキャッチしてくれました

上がってきたのは
69C865D3-1E68-41A4-B1A1-0536E1301C5B.jpg
念願の55cmほどのタマン!!

食べごろサイズでツレも私も手足プルプル震えました笑

すぐに記念撮影

師匠も

やっと釣れたな!!と自分のことのように喜んでくれました。

この日はすぐに検量できなかったため、翌日写真撮り検量→ツレの名前で釣王国に載ります笑

ついでにこの時期、ニートしてたツレが師匠に教わりながら1000釣法で
EF1E1129-0BF4-4A00-880C-5262D78A0E4E.jpg
追加でまた35センチほどのタマンや20センチくらいのフエフキ系を釣り上げてきてました。

スーパーフカセ釣り初心者のツレ、

フカセ釣りにハマってしまいましたね笑

これは負けられません(*^_^*)!


そして次回こそ、

タチウオ料理とタマン料理のまとめ書きたいです笑

風邪や飲み会でほとんどブログ更新できなかったのですが、頑張って記憶を頼りにまとめるので

遅い執筆ですが気長によろしくお願いします…!
posted by あっと at 10:57| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

漁港で1m!?念願のドラゴンを釣る!


北部に夜中から車中泊をし、釣りしてきました!

前回の車中泊ではのんびりfishingでしたが

今回はガチ目に何か釣りたい所。

夜から横付けポイントで打ち込みして眠りました。




翌日の朝は

ノーチリン、アタリなし(寝てて気がつかなかった?)で起床

雨もポツポツ降ってて風ありで寒い。

とりあえず風が防げる場所へと、名護漁港や東江テラスに行ってみるも

フカセさーが多い!

安○海岸へ行くも、修繕工事とざっと数十名近くのフカセさーが並んで釣りしててまさかの満員状態に。

えっ…県内のフカセアングラー全員ここきた?ってくらい人多かったです。

ぎりぎり投げられるところに入り、投げてみるも

オキアミもコーンも練り餌さもほとんど食われない。

お腹いっぱいなのか渋いです。

ツレ持参のミジュンをぶつ切りにしてやっとヒットするも、

ハリスがプッチリ切られる×2

で、トイレに行きたくなり二時間くらいで納竿

遅めの昼食を食べながら

釣り名人の人たち何十人とバトって釣りしても、良型釣れる確率は少ないんじゃないか?

とか考え始めて、フカセはほぼ諦め、夕マズメのルアーに気持ちを切り替えます。

18時ごろが満潮なので、その一時間前に人が少ない漁港へ行きます。

案の定、家族一組しかいない釣り場

しかしここはチヌの名所、ワンチャン打ち込みでタマンやガーラが釣れるらしいので信じて打ち込み、ついでに余った撒き餌を使ってウキ釣り

どちらもアタリがなく、辛うじて餌が無くなるくらい。

ツレも私も寝不足のため気持ちがナイーブになってくる。

フカセは早めに終わり、ルアーを投げてみる。

投げるルアーは、Mariaのスカッシュ、ケイムラカラー


画像クリックで詳細見れるのですが、わりとデカイ。

なぜこのルアーを投げるかと言うと、

噂ではタチウオ指4本の情報があるから。

全体的にツイッターや他の方のブログにて得た情報でルアーも場所も信じて投げた感じ。

漁港の防波堤先端から、外海、港内入り口、港内へと扇状に投げて探る形。

まずは外海、入り口を三投ずつ投げてタダ巻き。

あたりはなし。

内海の港内に投げ、ツレと少しユンタク。

ボトム取る感じで待つ。

今日はダメだったね、もう北部遠征よりは離島攻めた方がいいねなど

話をしつつ

そろそろ回収〜とゆるく回収すると

重い。

めちゃくちゃ重い。

根掛かりだ!と思うも、ゆっくりではあるけど巻ける。

巻けば巻くほど動く

何かついてる!?

上げれば上げるほど暴れる何者か…

走ろうとする方向と逆に竿を向けて、

無理に立てないように、しなりとリールの力だけで冷静にゆっくり上げるように意識する

どうかバレないでくれー

水面に上がってきたのは期待通りのタチウオ!
4B20998C-A111-41E3-9DF8-FE4D4DF35DC4.jpg
しかし予想より重い…そしてデカイ

この重量エメラルダスであげたことないんじゃないかってくらい重い

どうにかぶち抜きました笑

長さを図るとざっと1mくらい!
FC0C50DE-1EA7-44FB-BA49-86AF3A305DB6.jpg

指5本かな笑

ツレも私も興奮して大急ぎで中部に戻りステップで検量してきました!

結果

全長1m1.5cm
重量850g

1キロ欲しかったけど、じゅうぶんですね…

記念に写真撮り、釣王国さんに載せていただくようお願いしました。
5589F2AD-0199-4684-A147-C0AB458F615F.jpg
写真は記念にプリントしてもらいました笑

初タチウオがメーター超えしたので、人生で初めて幸運な釣果に巡り会えた気がします笑

次回、捌いて炙り刺身にして食べてみます!



posted by あっと at 01:58| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク