2021年07月30日

はじめての直リグ釣果レポ


お久しぶりです!

またまた期間明けてしまいました^^;

しかも去年の釣果レポートもまだ終わってないので

ぼちぼち去年の話から書いていきたいと思います。
(今年はかなーり渋いので、ネタがあまりないんです笑)





去年職場で、釣り系YouTubeでお馴染みのfishing gangの梓さんにお勧めされたので

初めて「直リグ」なるものを使用した時の釣果です!


・直リグとは?
針と小さな錘とワームを用いて作れる比較的簡単な仕掛けです(すみません適当な説明で)

図で見るとこのような仕掛けです
05A88967-2BE1-4A7A-92CE-10EC84ABCAA7.jpg
これがまあ万能で釣れるし、コスパ良し、パイロットで地形探るのも良しと素晴らしいわけです。

と、言うことで都市河川専用でゲットしたので

早速試し投げで近くの海で適当に投げでみました笑

地形は基本砂地の中に、ぼつぼつと岩があるような、

ジギングしたら一投目で根がかりしそうな海。

ちょっと前にスプーンとか小さなワームを投げでオジサンとかベラやミーバイが釣れたので

小物狙い〜のつもりで

着底させてズルズル、たまにトントン根を叩くようにトゥイッチします。

すると急にゴツ!!と重みが乗り

まさかの即ヒット!!

あまり味わったことのない引きを体験しながらも

ゴリまきで寄せます(引きは強いけど、そんなに重くはない笑)

上がってきてびっくり!
まさかのルアーで初魚種のマトフエダイ!!
542BFC01-75FB-49CB-BCF0-46DCCB21BD52.jpg
おかっぱり南部で釣れるんかい!!笑

ヒットルアーがマッチしたので、
すぐにツレも同じ仕掛けで投げたらヒット!

結構重そうに竿が曲がっているので、期待値がかなり高い!
上がってくると、

……かなり長い長い…

ヤガラ〜〜!笑
6338AE81-FD43-4203-8E2D-22E7B1A32D18.jpg
割とシッカリワームを吸い込んでいたので、回収が大変でした笑

リリースしたけど、意外と美味しいらしいです。
釣った物しか食べれないキャンプとかで、ガチで食べる物がない時に食べてみます笑

この日はこれにて帰宅。


また別日に河川ナイトゲームでも同じ要領で底ズル引き&トゥイッチで

私がナイスミーバイ(35cm)くらい
14C55B9A-59B7-4E25-A67C-430554C1A9B2.jpg
シャケが自己記録級のコチ(63cm、1.6キロ)をゲットしました!!
F674215B-1596-408F-98AB-D55561E83929.jpg
コチが上がったのはほとんど奇跡で、

シャケ「根がかりした」
→反対から引っ張りに行くと根が動く

魚付いているんじゃね?

水面まで引っ張り上げると急にめちゃめちゃ首振る

シャケ「今日リーダー2号使ってる(自己申告)」

細すぎる!!ライトエギングかよ!

ぶち抜いて取れなさそうだから河川の壁の下水穴に一旦ゆっくり置いて

タモもないので直接グリップで挟みに行くと

ちょうど掴んだ時にリーダーブッツン!

ギリギリセーフ!!

なんにせよメモリアルフィッシュで事件でドラマでした…笑

今後の目標は、シャケの記録を超えるコチを釣ることです!





posted by あっと at 01:04| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

憧れのタマンを釣らせてもらう!

更新の頻度が少なくならないように書きます!

去年の話で時系列がバラバラになってしまいますが

7月ごろ、師匠とツレと一緒に打ち込みに行った時の記録です_φ(・_・





基本夜は南部で釣りをする師匠、カーエー行きましょうって話しをしてましたが

いつものカーエーPは風向きがよろしくないので、打ち込みをすることに。

型は小さいけど、タマンが釣りやすいポイントがあるそうです。

ガーラも入るけど、ピトン曲げる勢いのGTレベルが来ることが多いらしく
師匠も手が出ないやつが居るんだとか…。

約束のポイントに行くと、すでに竿を1本出してる師匠。

その横に打ち込み用の竿を出しました。

マップで見ると、若干の湾になっていて
遠投できたら深い場所に仕掛けを入れやすいP。

暫く当たり待ちしながら雑談していると

ポイントの近くの建物の電気が消えて、真っ暗に…

「0時過ぎたら灯りが消えるんだけど、タマンが釣れる時は大体この後だよ。」

と、師匠。

チャンスを逃さないように、一緒に餌を新しいものにチェンジする

※ちなみに、最近はタマン狙いの時は大体かねひでで売ってるイカまるごと買ってきて
短冊切りにして投げてます!

すると、何故か同じタイミングで同じ場所に投げたのに師匠の竿だけ鈴が鳴る

完全に区別されてる!?笑

しかし、アタリは多いものの食い込まない!

もどかしい時間が続きます。

痺れを切らした師匠が、

「ちっさいんだろうね。釣りたいだろ?」

と呟き仕掛けを丸々変えます。

12号のハリスを10号に、タマン鉤も21号?から18号くらいまで小さく。

餌も鉤に合わせて小さめにカットして、仕掛けをまた大遠投。

そんなことをしている間も、我々の竿は全くアタリもなく

投げ直した師匠の竿が、ものの5分でブチ曲がり!

「よし!ちょっと合わせるわ」

と超すばやくアワセをいれます。

そして

「ハイ!小さいけど釣ってごらん」

とタマン竿をバトンタッチされる。

渡された竿には明らかに元気な魚の暴れる力が加わって超楽しい笑

頭を振ってると思い、ガーラと思ってましたが

後に抵抗して根に潜ろうとしていたようで

パワーファイトですんなり上がってきたのは37センチくらいの子タマンでした!
80D096B7-B76F-4A88-ADCB-E05265F9DCC5.jpg
サイズは可愛いけど人生初タマン!やっと釣ることができて嬉しい。

しかし何故うちの竿には当たらないのに、師匠の竿にだけ当たったのか?

餌に魚が好きな薬品でも練り込んでます?って聞いてみると

「単純に遠投力の差だよ。」

と力の差を思い知らされました笑

これでやっと私もツレ(シャケ)もタマンデビュー達成です。

師匠には1から100まで教えて頂きいつも感謝です。


後に打ち込み初心者の友達と同じポイントに投げに行くと

粘りに粘って50センチくらいのタマンを釣り上げてくれました。CF298533-E11C-49D5-9375-D5CB81BB3345.jpeg
打ち込みはポイントと、遠投力が大事だと実感したあっとでした。

使用した道具
タマン鉤







posted by あっと at 14:58| Comment(3) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月14日

意外な場所でイーブーが釣れた!


お久しぶりです。

2021年になって一度も更新してなかったブログの執筆者あっとです!!

書き溜めようとするものの、中々筆が乗らず更新しない期間が長くなりました…

ブログを読んでますって方も、仕事場の店舗に来てくれることがあるので
…申し訳ない笑

ちゃんと書いていきます。

去年の目標ターゲットは
沖縄に生息する日本最大のハゼこと、ホシマダラハゼ【方言:イーブー】(だっかな?笑)
なので?ひたすら山原や河川を調査してみました!


イーブー狙いと言えば、定番の釣り方は「トップゲーム」ですね。

水面に浮くルアーを虫に見立ててアピールして食わせるイメージです。

しかし、釣りジョあっとはトップゲームがド下手。

下手なのにトップに拘って投げて、魚にいらん警戒はさせたくない笑

トップとは釣果に余裕のある大人がやるんですよ←

基本がボウズの女なので投げるルアーに拘らず、常にオカッパリでは何かしら1匹釣りたい。

なんなら、初魚種が釣れたら尚嬉しい。

そんなヘタレな考えが根付いているので
「なんでもいいから釣れて欲しい」
という思いで得意なルアーを投げまくりました。

山原にツレの誕生日で遊びに行った帰りの海で、河川と直結しているタイプのサーフがあったので

疲れてるツレを無理やり連れて、サーフで休憩釣行をしました笑

潮がいい感じに上げに入っていて、
海水と川の水の淡水が入り混じり、サーフには汽水域が広がります。

この場所は昔知り合いにチヌがいると聞いていたので…

プラグでチヌを釣りたい私は、使いやすいダイワのピーナッツを投げました。

チヌなら警戒心が強いので人影が水面に映るのにも逃げてしまいます。

狙いの場所は雑草が生える茂みの近くだったので
私もその茂みに隠れる形でちょっとだけロングキャスト。

ルアーがクランクなので、
茂み付近に隠れている魚に甲殻類に見立ててジワジワアピールしてみようと思い、

着水後すぐ引いて、水中に潜らせた瞬間

ぐわん!!

とクランクに重さが乗り、

ボラを釣ったような、抵抗しようとする首振りの引きが愛用しているロッドのglissando77に伝わります。

ツレも「1投目!?」

と嬉しそうに寄ってきます。

これはボラやと思った私は「デカいボラですわ」

とか余裕ぶっこいてブチ上げたら

色がおかしい?

こんなに黒いボラいる?ミーバイか?

と思ってよく魚体を見るとびっくり

44D74F4B-D059-4FEE-99FD-3D2C44E277EA.jpeg

ずっと夢見てたホシマダラハゼこと、イーブーじゃないですか!?

なぜこんなほぼ海にいるのか…

後にSNSで、「ラッキーキャッツルアーフィッシング」の執筆者のモソさんことsacomさんから

ヨシ原(塩耐性のある単子葉植物)の近くだから塩分濃度低い場所かも知れない。
意外とマングローブよりヨシ原近くの方が塩分濃度が低い場所がある。

と教えて頂きました!
有識者に感謝です(o^^o)
(因みに、ルアーや魚の生態についてわかりやすく書いてあるモソさんの漫画のAmazonリンクを貼っておきますね↓)


これまでの

イーブー=山の中の川

とは違うパターンで狙うことも出来るかも知れないと、ヨシ原を見つけるとちょっとワクワクしてしまうあっとでした。

しかしヒットのパターン的に、落ちた瞬間からイーブーが水面へ狙って近づいてきてたと思うと「トップで釣れたかも…」と思い…

ちょっと悔しい気持ちになりました、が!笑

人生長いつもりなので、いつかトップで釣ってやります!!
EE1D9997-3932-48B1-9840-DA6B693039CF.jpeg

と言うわけで、今年初の更新でした笑

今年からはジギングなど船釣りも頑張ろうと思うので、オカッパリでは釣れない色んな魚を釣って見たいと思います♪

またよろしくお願いします!

ヒットルアー
ダイワ タイニーピーナッツ




posted by あっと at 14:56| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク