2020年09月02日

今年の目標魚ミキユー攻略録

またもやお久しぶりの更新になります!

さて、今年の目標魚を毎年恒例で掲げたあっとですが

その中にはみんな大好き「ミキユー」も含まれてましたね。

今回はミキユー攻略のヒントを知人に貰い、

自分なりに努力した事を書きます。

ミキユーといえば河川。

トップでド派手なバイトをしてくれる(捕食で水しぶきを立ててくれる)事で

ゲーム性も、狙い撃ちのやり甲斐もかなり得られる

いわゆる「沖縄で釣れるバス」の様な認識をされる方もいらっしゃると思います。

そんなミキユーですが、これが普通に生きていて偶然釣れるなんて中々ありません
※余程運があったり、センスや投げる回数が多くなければ

少なくても、私は全くミキユー運はありませんでした←下手くそなだk(ry




しかしある日、アングラーでの飲み会帰りに

ここの河川の上流ならミキユーが多いよ

と情報をいただき、行ってみる事にしました。

場所は控えますが、大きくも小さくもない河川でむき出しの陸地に降り、

そこから上流に上がっていくスタイルです。

ミキユー狙いなら、高い足場から投げ続けるよりより淡水を目指して水に浸かりながら行く方がロマンがあります。

登れば登るほどミキユーなのか、ボラの稚魚なのか分かりにくい魚影が

次第に少なくなり、ここには魚はいるのか?極楽ハゼしか居ないのでは?と思い

何度か得意の『蛙スプーン3.2グラム』を投げてみる

トップで狙う方がスリリングで楽しいのですが、投げて2投で木に引っ掛けたので、

まだまだ、そんなレベルじゃないなと笑

そして慣れた重みで水中を探った方が性に合ってるしなぁと思ってトップは諦めました。

あと、好きなルアーで魚を釣る事が憧れだったので…笑

全く生命反応がない水の塊に投げている様な気持ちになります。

登る水路は「雨だ!上へにげろ!」と看板が同じ地形で同じ場所にひたすら表記されます。

永遠にループされる景色に時間の感覚が麻痺していきます。

もうどれくらい登ったのだろうか。。

気持ちは遭難した人です。

だんだん河川が狭くなるごとに、スプーンでの狙いが難しくなると思い

登ってきた河川の、比較的広場になっている湖へ戻って投げて見ました。

一番気になっていた広場は、水辺に立って投げてみること15分。

登ってきた時と同様、全く反応もバイトもありません。

ちょっと前に見た釣り動画のコメントで

「水辺には立つな」

と書かれていたコメントを思い出して、

警戒心の強いミキユーには、

水辺の人影や気配も悪影響かなとおもい

もう少し降りた二個目の広場になった場所に

湖から2、3メートル離れてキャストして見ました。

湖のど真ん中は反応なし

壁際にスプーンを通して見ます。

そしたらどうでしょう。

私が投げたスプーンにガンガン攻撃してくるミキユーが…?と思ったら竿に重みが乗ったので

慌てて合わせます。

魚影は既に見えるくらい水面に来てたので

不必要にロッドは立てないように、

しかしバラしたくないので一定の速さでリールを巻きます。

どんな掛かり方か分からないので

優しく水から引き揚げると

口にしっかりフッキングされた蛙スプーン3.2グラムがついている。

久しぶり心臓がバクバクしました。

09C173FD-6383-4E0B-B284-9A9C344FDA55.jpg
初ミキユー物持ち

極楽ハゼしか居ないと思っていたので笑

友人から聞いたPではありましたが

半信半疑で自分なりの精一杯の引き出しを使って釣り上げた魚だったので

かなりメモリアルな体験になりました。

海の魚だったら持ち帰って食べるところでしたが

何故か淡水の魚は可愛くて食べるなんて出来ず

この子はリリースしました。

釣れてくれてありがとう。

25センチも無いくらいでしたが

立派にルアーに反応する個体でした。

今後大きくなってまた釣らせてもらえるように

トップを勉強したいと思います。

ルアーマンは一度は是非、ミキユー釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか!



posted by あっと at 01:33| Comment(1) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、
hiroです。

ミキユ良いサイズですね!
僕も釣ったことあって想像していた引きより引いていたのが最初の印象でした。
場所は、都市河川ですか?

ルアー釣り頑張ってください。
Posted by hiro at 2020年10月22日 20:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク