2019年10月19日

アタリ3倍〜テキサスリグ釣法〜


実は夜な夜なチャレンジしてたある釣法

教えたくなかったけど、書きます笑

今月のルアーマガジンcastで特集されています

落合さんのテキサスリグの釣法を試してみた話です。

8月ごろに落合さんにお会いする機会がありまして

虫系ワーム×テキサスリグで

沖縄河川のチヌを攻略できるそう。

早速レインのワーム『アックスクロー グリパンカラー』に

ワーム針、誘導式シンカーを使って釣り開始!




まず、シンカーを誘導式につける事で、

ワームがボトムから跳ねる時の動きがよりナチュラルになり

警戒心が強いチヌがワームを引っ張っても

余計な重みを感じないためほぼ手元にアタリがダイレクトに伝わり

チヌにばれにくい&合わせやすい

と、利点を想像すると中々面白そう。

職場近くの川で夜何度か投げると

めちゃくちゃ当たる。

三回に一回は当たった笑

しかし、普段あたりがないのが当たり前の私なので

あたりにびっくりして乗せられず。。

これでは、いい仕掛けもすれてしまう。

触ってるのは確実なようで、たまにワームはズレてる。

あまり同じ場所で投げてると流石に違和感が伝わるのか、アタリがなくなってしまった。

また別日に挑戦です。

後日、というか1ヶ月後くらいにまた同じ場所で、
今度はタックルをトラウトロッドに交換して挑戦。

今まではどこでもエギングロッドでやってたので

アタリを取るのが遅かったかもしれない。

細くて短くてアタリがダイレクトに伝わるロッドならと

スーパーライトタックルにました笑

いざ、実践!

ランガンしながら投げてると

コツコツ!

とアタリはある。

びっくりしないように冷静に

ワームを早過ぎず、遅過ぎずの絶妙な速度でズル引き

ボトムのストラクチャーに当たれば若干しゃくってあげて

カニが歩いたり、泳いで跳ねるようなイメージでジグザグの縦の動きをして誘う。

すると、

開始数投でガツンと来るアタリ


100パーセント食った!

けど、バラさないように慎重に、

ロッドも5フィートのMLなのでドラグを駆使して少しずつ疲れさせて寄せる

思ったよりデカイやつがかかってしまった。

ラインを掴んでイチかバチかで抜き上げる
C04D4262-96B3-4357-BB84-7D2A5943AD40.jpg
テキサスリグで30センチ以上のチヌ、釣り上げ成功です!

チャレンジし始めてからだいぶ早く、釣り上げるまでの過程が成功したので

スーパー持ってない、釣り下手、ヘタレアングラー女子でも攻略できる魔法の仕掛けです。

沖縄であまりシンカーを使った釣りや、テキサスリグが浸透していないこともあってか

あまりスレてない釣りです。

つぎは黄金色のワームを買って、サーフチヌを狙いたいと思います!

河川チヌ攻略するならまずは

テキサスリグをお勧めします!

スレるまえにたっぷり遊べたらと思います笑

因みに、手足が取れてもマイクロワームとして釣りができるので

お財布に優しいです↓
7C2DD969-870C-42FD-A1B2-26432FAE62F3.jpg
そこズル引きでミニチヌ!

夜チヌ、意外にも光らないやつに食ってくるんやなぁと思いました。

また釣りの視野が広がります(*☻-☻*)



posted by あっと at 16:12| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク