2019年02月28日

近所の漁港でタチウオ攻略!


最近釣り初心者女子から、

釣りやってみたい!

なんでもいいから釣らせてほしい!との声が多くて

冬の激シブの中釣らせてあげるのが、本当に難しくて泣きそうなあっとです。




この日も

仕事から帰るときにふと

タチウオ釣りたい

てか、今日は釣れる!と

何故か野生の勘が働き

自宅に帰るとすぐクーラーボックスを持って近所の釣れそうなポイントにいこうとしたら

同居人ツレが最近知り合った女の子Mを自宅に呼びゲームしてるところでした。

いらっしゃいの前に、タチウオ釣りに行ってくる!

と言うと何故か慌てて支度するツレ。

自分も釣ってみたい!とMちゃん。

5秒で支度しな!

と声をかけ…笑

2人を連れて行くも、Mちゃんのレクチャーはチョイ釣り名人のツレに託す。

本当に、何故かこの日は釣れる気がしたから…

いつもはあまり放置しない初心者を置いてひたすらルアーを投げました笑

正直、車横付けできる1番座は取られてたので

本当に手探りで500メートルくらいありそうな防波堤をひたすら歩いて手探り。

タチウオ狙いの時は潮はあまり気にせず…

とりあえず時合いになる夕まずめや朝まずめを狙って投げる。

この日は夕まずめだったので約1時間くらいのチャンスタイム。

18時〜19時までは投げ続ける。

投げるルアーは

以前ヒットしたケイムラカラーのスカッシュ。

赤外線で光る?らしく、夕まずめに1番効果を発揮するルアーとのことでこのチョイスでした。

前は投げて放置してたときについてたので、

正直釣り方も誘い方もわからない。

以前テトラポッツの店員さんから聞いた話で

水面にタチウオが見えなければ、ボトムからずるずる引き上げるようにルアーを動かして

底にいるタチウオを誘う形が良いとのことだったので

まんまその誘い方をひたすらランガン

防波堤の中盤あたりで、辺りは暗くなり始めたときに

足元で

ガツッ

とわかりやすいアタリ。

98E2EB17-D68A-41F5-A889-AAA08A046D98.jpg

サイズはダウンでしたが、ミニタチさんが遊んでくれました。

タックルが、

以前はエメラルダスにレブロス2500という

ライトゲームロッドでしたが

今回は

お借りしたツララのglissando77とストラディック 4000

パワーファイトで余裕でした。

指3本のタチウオちゃんは早急にリリースし

目的達成してエサ釣りツレとMちゃんにドヤ顔出来たのでこの日は満足な

性格悪いあっとでした笑

この釣りをキッカケにマイglissando77を購入させて頂くことになりました。
2AF1CE30-CCFC-4EF1-846B-4EEE21C46364.jpg

初めにこのロッドを貸してくれた方の友人さんから

ご縁あり新品未使用を購入すると言う形で譲っていただき

夢のロッドを手に入れることができました。

人によっては、オススメなロッドは異なると思いますが

私が初めて触れて、釣らせて貰ったガチロッドはglissando77なので、

自分とご縁があったロッドだと思って

たくさん夢を実現させてもらう相棒にしたいと思います!

まずは夏のウェーディングで活躍させることができるよう

ジブい冬で精進したいと思います!



posted by あっと at 16:41| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

ホームでナイトセイバー使ってみたレポ


先日、ちょっと変人な友人がナイトセイバーを購入したので

ツレと友人Yさんと3人で、ホームでフカセしつつ、ナイトセイバーで釣りして来ました。

しかし、私の中では渋い渋い2月の釣り。

頑張って磯まで降りて、

撒き餌も気合い入れてV9徳用一袋を買い

2時間の釣りだったので3人で分け…笑

とりあえずなんでもいいから釣ろう大会。




ツレは得意のおじさんを釣り

友人は最近友達になったモンガラを釣って激おこ笑

しかし私のウキはビクともせず。。

今日は坊主かな!?とヒヤヒヤしてたら

ウキがゆるーーーーく沈む。

A072ED8F-6FB9-4A91-A25E-35319626DF51.jpg

あまり期待せずアワせてあげると初、フカセでミニウツボ

しかも自らハリスにグルグルからみつき、

苦しそうにしてたので

大事なハリスをちょきちょき切って逃しましたよ!

釣っちゃってごめんねって思いつつ

恩返ししてほしい気持ちになりました笑

ハリスが切れたらいつものルアータイム。

ルアーは持っているけれど、

マイエギングロッドを忘れる始末笑

仕方なく…いやこの機会に友達が偶然持って来てたナイトセイバーを借りよう!

タックルはまさかの

ナイトセイバーに

道糸ナイロン4号くらい巻かれてそうな初心者用無メーカーリール。

これでは確実に遠投できないし、

ちょんちょん釣りしても

ナイロンがフロートタイプなので、ワームが浮く。

重いルアー付けても…うまく動かせる自信はない

何より、沖縄の根が多い磯では重めのルアーは不向きでしょう。

仕方なく寒さと風から逃げながら、岩の間に隠れる。

かりたナイトセイバーは120センチ?の長さ。

とりあえずめちゃめちゃ短くて、硬い笑

岩の間に持って行ってもあまり邪魔になりません。

岩の隙間にダメ元でワームを落とす。

超水面近くで波に流されてゆらゆらするワームをじっと見てると…

赤い魚影が思いっきりガブリ!!

と食いつく

嘘でしょ〜
B9D6BAC5-E6E4-407E-9B90-EBF705B76938.jpg
ミニミニななんちゃらエビス?が反応してくれました。

この子は鱗は痛いし、棘?があるのか素手で触るととても痛い。

触らないようリリースして

その後も別の岩の隙間で同じサイズがかかるも即リリース笑

かなり期待してなかった釣り方で、風から隠れてただけで遊んでくれたので

とりあえずナイトセイバーは楽しいなぁとなったのでした笑

何よりこんだけ釣っても身崩れひとつしないスパークは最高ですね。
E2C8D929-5859-4B5B-8240-601EB2A89BC9.jpg

同じワームで前のちょんちょん釣りからずっと使えてるので、

コスパ的にもオススメですね٩( 'ω' )و

次回

地元タチウオ攻略編書きます!



posted by あっと at 23:47| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

タチウオとタマン料理!


お久しぶりです!

料理記事が苦手すぎて後回し後回しにしていたあっとです笑

そろそろ書かねば忘れてしまうので、遅ればせながら書きます。


新年早々釣ったタチウオと、タマン先輩

オススメされた料理方法でやってみました。

まずはタチウオ、デカすぎてまな板役立たず
2A499883-ADF8-4C49-ADEC-3333AEB026F7.jpg

頭と尻尾はカットし

三枚におろしてた骨部分と一緒にあら汁に。

味噌とか入れなくても出汁が出るので…出汁のオンパレードです笑

そしてそして肝心の身の部分CF0F7E98-1F20-42BD-8AAC-70A89BB54E93.jpg

内臓取った直後

わりと白っぽくていい感じ!

川を引いた刺身、皮付き炙り刺身で半分はキープ。

もう半分は唐揚げに。

手抜き唐揚げなので、胡椒まぶした身に片栗粉つけて油で揚げるだけですが笑

まるまる1匹で3品作れちゃいました。
6287AE96-6D1C-4636-8C2B-C044C6C4CE46.jpg

皮引き刺身は、身が柔らかく…脂が少ない感じ。

炙りは脂が乗っててすごく美味しかったです。

いや、初めから全部で炙りでもよかったくらい笑

スープはあら汁そのまんま、塩胡椒で飲めちゃいました…笑

また釣りたいタチウオでした!


その数日後ツレが釣ってきたタマン!

刺身としゃぶしゃぶ、バター焼きにしてみました!

ちなみに刺身は、55センチサイズでは寄生虫がいる可能性があるのでオススメしないと言われましたが。。

せっかくなので刺身も食べたい!

頑張ってさばきました。

正直このサイズの魚は、捌くの初かも知れません。

昔捌いたカツオ以来かもです笑

とりあえず包丁で頑張って力技!w

ウロコ、頭落とすのも大変でした…

この日は普通に三枚におろしてしゃぶしゃぶになりました。

4090DCFE-0D7E-4AD7-8E59-04ED00DD6424.jpg
軽く湯がくだけで柔らかく、キムチが効いて美味

ツレ曰く臭みがあるらしいけれど、キムチでほぼ消えました笑

その後のバター焼きと刺身(炙り)
F38D7B47-3309-4E78-BB3E-F06430BB999D.jpg

ツレがやっぱり臭みがあるというので、刺身は匂い苦手な人はオススメしません。

定番のバター焼きは

身を先にカラッと揚げてから、バターとニンニクで焼いたら最高でした!

ネギも撒いたら完璧。

タマンはバター焼きが最高ですね…笑

一番、30〜40センチくらいのタマン系の魚がバター焼きで人気らしいですね。

ツレが師匠と一緒にフカセで釣りまくったクチナジやちびタマンを、バター焼きにして知り合いに振舞ったらかなり喜ばれました笑

今年はスタートから美味しい魚食べれて、幸せです٩( 'ω' )و
posted by あっと at 18:27| Comment(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク