2018年07月30日

伊計島の謎ポイントで本命GET


先日強風の中、釣りバカ発揮してなぜか16時半から伊計島でフカセ釣りしてきました。

日曜日ということで、たくさんの家族が防波堤で釣りをしている

ほとんどの方が風邪対策で内海へ投げて、楽しんでいる様子。

こんな夕方でも人が多い…さすが伊計島。

先端ポイントはすでにたくさん人がいたので仕方なく手前の岩場で釣り。




ここは釣れるけど型が小さいイメージ。

ハリス1.5号をひとヒロ付け、

グレ針7号で釣りスタート

今回は節約釣行のため、小袋に分けてきたV9と

釣具屋で190円の激安撒き餌一袋に

270円のオキアミブロック小を混ぜて投げてみる
→チロチロと魚が出てくるも即逃げ

とりあえずたくさん撒いて呼び込もうと5投くらい撒いてさし餌投入

まずはエサ取りが少ないため、練り餌、オキアミと付けて落としてみるも

強風によりあたり分からず餌だけ取られる。

イラブチャーの魚影が見えたので、コーンの缶詰を開けて餌を落とす。

風が強いので少しずつスプールを上げて糸を出して、全誘導で落とすスタイル。

1投目のコーンが食われたのでうまく呼び込めば釣れる!

2投目コーンを優しく足元に落としてあげるとちゃんとヒットしました!

軽い?でも引きはなかなかある!

上げて見てみるとイラブチャーのメスだ〜…!?

C6B49457-C833-4F93-AABF-DC6F8F1661C1.jpeg

まさかの20センチほどのアーガイww

こんなところに住んでたの!

だから軽いのに引くのか…コレが30、40センチになるとと想像すると、

めちゃくちゃ期待してしまう私。

その後、ちょうど夕まずめで魚の通り道になってるっぽいこのポイント

オキアミ付けて少し投げてみると
42BC7BB0-AF84-43F3-8AE3-94758CCECCCF.jpeg
ムルーさんが釣れたり

懲りずに足元に落とすと

30センチほどのイラブチャーが釣れたり
CB9558D4-F333-4568-9005-44BE862B6DD9.jpeg

激安撒き餌がいい仕事してくれました。

エサ取りでチビイラブチャーや、ルアーでお馴染みのモンガラちゃんも釣れたりして

またまた40以上のデカめな魚かけて、沖側に逃げられハリス切られバラし。一体なんだったのか!

と、なかなか楽しめる釣行でした!

個人的には、忘れてたポイントでまさかのアーガイが釣れたので

サイズアップ狙って通ってしまいそうです笑

今のところ、防波堤側のイラブチャーは夕方に顔出し

磯のイラブチャーは朝方だなぁとなんとなく思うこの頃

伊計島マスターになれそうです笑



posted by あっと at 01:45| Comment(4) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

町のど真ん中で釣り!負傷ツレ近況


先日、夜釣りで打ち込みをしつつ、二度のアタリを焦ってバラし、

その後穴釣り中、根掛かりを取ろうとしてテトラから滑ってしまったツレ。

尾てい骨を強打して、Twitterでは特にご心配をおかけしました。

とりあえず本人が仕事の休みの日に病院に行くと

折れてはいないから痛み止め飲んでね

ってことで、処方された薬を飲んですっかり良くなりました(・_・;

ほんとご心配おかけして申し訳ないです。

ツレ負傷中、しばらくはライトゲームで(エサ釣りはツレが羨ましがるので)ソロで釣りに行こうと思い

ちょくちょく行って来た近況報告記事です♫




仕事帰りの夕まづめ釣行!

あまり遠方へは行かず、中部を攻めます

なんでもいいから釣りたい笑

1日目

真剣にルアーを始めてから、干潟でルアーをしたことはほとんどないのでは?

と思い、チヌ釣りしているおじさんを横目に干潟でライトゲーム!

ポイントまで海を歩く感じですが、いつものリーフなどと比べると水に浸かることもなく。

潮が満ちても地形的に陸を歩いて来た感じなので、ゆっくり満ちるので時間と周りを見て釣りをしたら比較的焦らず済むポイント

ギリギリのド干潮で入り、一時間ほどキャスト。


クワガナーが釣れればまあ良し、チヌが釣れたら素晴らしい!と運試し。

開始15分ほどで蛙スプーン3.2g赤キン色にヒット!

竿にプルプル振動が伝わり、水面を一瞬小さなバシャバシャが起こる。

しかし最速リリース!(いわゆるバラした笑)

その後粘るもアタリがないので貝を探しながら帰宅。


2日目

新型ジムニーの試乗に行こうとするも、お店が定休日でお休み…

一緒に来ていたツレ、「ルアーして帰る?」

って事で久しぶりに二人でライトゲーム

町のど真ん中の河川へ

まだ少し尾てい骨は痛むけど、軽いルアーを中心に投げてただ巻きするツレ。少し心配しつつ…

あまり無理せず一時間くらいの釣行。

ボイルはあるものの、ボラくさいボイル。

たまに小さな魚がぴょんぴょん群れで跳ねているところなどを中心に投げたり

ボイル近くを通してただ巻きしてみる。

もちろん、実績ある蛙スプーン3.2gを中心に投げる

比較的浅い地形なので、ゆっくり巻いてもなるだけ沈まないルアーを使ってロスト回避したいのです(>人<;)

それでも足元近くまでくると出っ張った岩に引っかかってしまうので

近くの根掛かりならあまり引っ張らず、ラインを緩ませて斜め上にヒョイっと取り外す感覚で引いてあげると大体とれる

根掛かりマスターになれそう笑

二、三回根掛かりさせてもめげずに岩ゴツゴツしたボイル付近を通しているとヒット!

ほぼ足元ヒットなので1秒で上がる

顔を出した可愛いミーバイちゃん

9AE2102B-ED13-4237-995A-8DDA17776DF7.jpg

蛙スプーンで初のミーバイです♫
釣れてくれてありがとう!

もちろんただ巻きでした笑

2日とも台風の影響でか、強風の中でしたが反応あり、結果ありで楽しい短時間ライトゲームでした。

しかし、1日目の干潟はまたリベンジしたいと思います。

今年だけで、大好きな「蛙スプーン」での釣果は右肩上がりです。

何より、ほぼ独学のただ巻き女子でもちゃんと釣れる、初心者にも優しいルアー

今年もうまいアングラーさんが、同じルアーでアカジン、タマン、クチナジ、ガーラなど夢の魚を釣りまくっているので。

私もたくさん夢みさせてもらいます!

もちろん、どこで夢を掴みに行こうと、無理せず怪我のないよう釣行することを肝に命じていきます!

と、モチベーションばかり上がるあっとでした〜\\\\٩( 'ω' )و ////



posted by あっと at 21:25| Comment(1) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

津堅島遠征第二弾、イラブチャーパーティ


去年も行ってきた津堅島へ、ツレといってきました!

今回のメインもとりあえずフカセ

ワンチャンで漁港内海でルアー投げてみて、何か釣れたらいいなぁということで。

去年のフカセは、ウキ止め付きのフカセだったので、

今回は覚えたての全誘導で、仕掛けを底まで落として釣るスタイル。

一番深いであろうポイントに、朝イチの便でやってきたら一番に入り、即釣りスタート




まずは打ち込み、シガヤーを付けて投げておきます。

フカセポイントでは餌を撒くも、撒く前からエサ取りがウジャウジャでした…笑

こんなこともあろうかと、エサ取り避けでたくさんV9を持ってきたので

撒き餌でエサ取りを一箇所に集めておき、すこし遠くに餌を落としゆっくり底に刺し餌を落として行くスタイル。

オキアミ→5秒で消える

練り餌さ→15秒で消える

コーン→撒き餌さあればスルーされる

なので、コーン釣法に決定です。

底まで落としてわずかコーン2投目でやっちゃいました!
6D7984BE-8DA1-4748-BCFB-FD9680A90C4F.jpg
去年の津堅島では、かなり時間がかかってヒットしたイラブチャー

今年はスタートからトロピカルな子をいただきました!

なんとなくフカセの腕が上がった気持ちで嬉しくなりました笑

その後もコーンで3匹ほど、メスのイラブチャーを釣り上げ
D9AF055D-3168-4BB5-94BB-4E90969A43FF.jpg

ツレも投げ釣りで初見の面白い魚を釣り
E9CF09EE-0DC3-4FEC-B59B-A86B8E714C56.jpg

トラギス?かな

前回に比べて投げ釣り不調らしく、

渋い顔のツレがフカセにシフトチェンジ

実はまだフカセでイラブチャーを釣ったことがないツレ

ここならコーンがちゃんと底に落ちてくれるので、絶対釣らせてあげる!と

いざ、レクチャー

コーンの付け方、(コーンのお尻から針を刺して隠すように入れ込む)撒き餌さの場所、仕掛けを入れる位置もまじめに教える

ツレの顔→(-᷅_-᷄๑)ムムム

とりあえず針を隠して、優しく底まで落としてあげるのがコツ!と教えて15分…

ミニイラブチャーヒット!

二、三回ほどヒットさせ釣り上げ成功のツレ、

私、大喜び笑

それでもツレ「デカイのが釣りたいんだし…」と呟きつつもお昼休憩。
0428114E-A7E0-41F8-8668-3E130641DA4B.jpg
去年の暑さを経験したので今回は傘と言う名のパラソルをして食事

空は綺麗だし、波の音もしてのどかにお弁当を食べました。


午後の部は内海にナブラが発生したので、ルアーを投げてワンチャンナブラ打ち!

しかしガーラは追ってくるものの、見切られてしまう。

追ってくる魚にルアーを食わせるスキルを本気で付けていかなきゃと考えさせられます。


最初にナブラを見つけたツレ曰く、捕食者の魚は大きくて赤かったとのこと。

んん〜赤い魚??

正体が気になります。

気を取り直しエサ釣りを再開しようとポイントに戻ると

まさかのコーン強奪事件!!

テトラの隙間にいたカニ、もしくはネズミの仕業です。

コーン袋丸ごと消えてました。

風で落ちたと思い周りを探すも見つからず。

頼みのコーンが無いのでとりあえずオキアミ、練り餌で真剣バトル!

15回くらい餌を取られてやっとのヒット!

ウキひったくり。

めちゃくちゃ引く…なんだこれ!

と、思ってたらぷっちん!

切られたー!と嘆いた声が海に響きました…

(一部始終アクションカメラで撮ってたものの、カメラも行方不明になりました(・_・;  )

ツレも最後に、投げ釣りしてミニクチナジ釣り上げて終了。

だんだんと飲み物も切れ始め、帰宅準備。

お持ち帰りは私のイラブチャー1匹と

ツレの初イラブチャー2匹!
CCE35B71-A320-41AF-A9AE-E4E3477826BD.jpg
持ち帰って刺身と唐揚げにします。

あ、打ち込みは不発でした笑

帰りは暑くて暑くて、熱中症寸前とはこのことだなぁと思いましたとさ笑

また来ようねと約束し、リベンジフカセの津堅島遠征はこれにて終了!

次回あれば…リーフでルアー釣り挑戦したい!

そしてお気に入りの蛙スプーンで夢の魚、タマンを釣り上げたいですねぇ。

PS.遠征の際、Twitterにてアンケートご協力ありがとうございました!
09B6E78D-5647-4357-BD37-FFF7718C862D.jpg



posted by あっと at 14:33| Comment(4) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク