2018年05月31日

釣り筏で修行!In北部


先日釣り筏にて武者修行してきました笑

友人カップルと、ツレと私で一泊2日の旅へ




1日目から、もとぶ釣り筏に朝の10時半ごろにエントリー。

友人カップルは全くの初心者なので釣り道具一式と餌と筏代金を若干割引してあげつつ。

とりあえず魚を釣らせてあげて、一泊するキャンプ場にて釣りキャンプとして魚料理を食べたいという魂胆です笑

今回は接待!

のつもりが、筏に着くといいポイントは大体人がいたので、空いている場所でとりあえず仕掛け作りーの
F2B82CE0-5118-4BFF-A0F0-1015B96A5927.jpg
試しでルアーを投げまくる私を横目にツレが一生懸命釣り方を教えてあげてました(TT)

ツレ…釣りバカですんません…ありがとう笑

ちなみに午前中ルアーを投げていると蛙スプーンに50センチほどのダツが2回くらい追っかけてくるも

目の前に来てバレて逃げられました…

釣りたかったような、釣れたらどうしょうと思うような…笑

初心者カップルは黙々とサビキ釣りをするも、

まだ勝手がわからないらしかったので

とりあえず餌の付け方としゃくり方をレクチャーする

筏釣りの船長さんから以前教わり、底まで仕掛けを落としてしゃくったり止めたりするとわりと掛かるらしい

ゆっくり大きめにしゃくる。

反応なければ早めにしゃくり、餌に気づいてもらう。

と、1投目レクチャーして数分でHIT!

貸した竿もチョイ釣り用、リールも小さいものだったのであげるのが大変!

なんだ大物か!と思って浮いて来たのは

011F84EE-AB44-4683-BD48-64E9E33E4D6A.jpg

20センチ弱のイラブチャー笑
まあ、食べられるサイズ!?

とりあえずレクチャーで釣れたのでドヤ顔の私でした。

今年はイラブチャーに愛される年かも知れません笑

友人カップルも同じように何度かサビキを続けるも、アタリなし。

空腹だったので海上飯!ラーメン食べてから再始動しました。

すると…

友人が「なんか当たった?ん?何だろう」

とかすかなアタリを感じて引くと

A8939B53-D753-463E-ADF6-6A0ADE70404D.jpgオヤビッチャの子ども?がついてました。

勝手に「これグレやで」って言ったらちょっと喜んでました笑

まず、この小さなアタリを感じたのが逆に凄い。

小さい子だったのでリリースしました。

何気に友人は、同じチョイ釣り装備で

伊計島で50センチのイラブチャーを引っ掛けてハリス切られてバラした過去があるので、色々と持ってる人です笑

その後、ツレの打ち込み竿の鈴がめちゃくちゃ鳴り、慌てて引くもフワッ…

バラしてショック受けてたツレでした笑

それからは、もう1時間で切り上げましょうと言う話をすると

友人の彼氏さんがボソッと「頑張って釣りますかぁ〜」とボヤきながらサビキを続ける。

すると数分後、

またまたチョイ釣り竿が曲がり、結構な引き!

「竿が折れるw」

などと話しながら彼氏さんが頑張って釣り上げたら、25センチほどのアイゴさん!
23AA2F33-2224-4ECC-9F06-6BF7BB2B9248.jpg
最後の最後でやってくれました。

キープしてたイラブチャーとアイゴを持って今回は筏釣り終了しました。

それにしても…ゲキシブでした。

しかし去年の9月ごろ行った時よりは魚の反応を感じたし、釣れた魚(去年はオヤビッチャのみ)も何気にパワーアップしてるので

来年はマクブかタマンでも釣れたらなぁと思います笑

なんにせよ、予定通りキャンプで釣れた魚を調理して食べることができたので良かったです!

翌日はター滝にて修行滝に打たれて修行笑

煩悩を流して来ましたw
CA90B4FA-67C7-4F1D-A04C-5A21310DD4DE.jpg

エンジョイしつつも、リベンジに燃える釣行でした!


posted by あっと at 22:52| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

夜釣りでカーエー40cm!!


お久しぶり〜の更新になり申し訳ないです~_~;


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3623085249236203"
data-ad-slot="8572024825">


先日師匠から連絡あり、

カーエー釣りするから見にきますか?

とのこと。

じゃあ見学だけという事で、急遽夜の23時にポイントへ

とりあえず釣りしたくなりそうなので、ルアー竿だけ準備して持っていくと、師匠到着

他の弟子さんと一緒に来ていたので、その人と私とツレでまずはカーエーがいるかのチェックを見物。

先にポイントに入っていた師匠の友人曰く、「居るけど食わせきれん」とのこと。

「釣っちゃって良いですか?居るなら釣れるよ」

と、めちゃくちゃ自信ありげな師匠。

仕掛けを投入後、何度か餌が取られる場所を見つけ…

一瞬のウキの不自然な動きに反応して

7D17C96E-973C-4C11-AA9A-786DA4D45161.jpg
どーんと36センチ!!

この子以外にもいるとのこと。

理由はウキを沈めずに餌を全食いする、スーパー餌取り上手カーエーの情報があったため。

全食い=デカイ

らしい。

師匠の弟子さんもトライ!

スタンドみたいに師匠が弟子さんの後ろについて、ウキの確認、餌の交換、道糸のチェックをしながらの釣り。

師匠の合図で合わせないとバラしてしまう。

しかし弟子さん、開始30分で38センチのカーエーを釣り上げてしまいましたw

と、次は誰が釣る?

うーむ。。見学だけと思ったけど…

ツレが笑顔で

「釣りたいでしょ?夢の40㎝アップ釣れるはずよ!」

と背中を押してくれ、竿を持たせてもらいました。

宇崎日新 イングラム カーエー H 5005.
足元に仕掛けを投入し、手前の根やテトラに気をつけながら、道糸を少し緩んでるかな?程度に出してあげる。
ウキが怪しい動きをすると仕掛けを回収、餌の確認をして、ベストなタナに仕掛けを送れるようにウキの位置を調整してもらう。

師匠はどうやら海中の中が見えるらしく、地面に仕掛けが付いてるか、根掛かりはどこに掛かってるかわかるのでどんな状態でも仕掛けを回収できる。自称根掛かり外しの天才(笑)なので心強いですw

餌を取られ取られ、2回ほど一瞬乗るもバラし…笑

全神経を手と耳と目に集中!

1時間ほどファイトし…

師匠の「ハイ!今だよ!」の合図で思いっきりアワせると、水中にグンと竿が引っ張られる

リールを巻くよりも止めるのに必死になる。

やりとり?なにそれ?笑

絶対逃がさん!と思いながらなんとか師匠の手を借りながら水面に上げてタモインしてもらいました!

じゃじゃーん
F30E56EB-9D32-4862-B752-931C1A15848A.jpg

尻尾を少しピンとさせて40センチくらいにしたカーエーさん。

か、カッコいい…!!

卵を持ったメスだったので、回遊してきて産卵しにきてたのかも、とのこと。

なんにせよ運良く引っ掛けられ、こんなアマチュア釣り女子な私なんぞが、本当に釣れてしまうとは!!

念願の40センチの引きを味わい…マジで手が震えました。

師匠を始め、背中を押してくれたツレや、タモ入れしてくれた師匠の友人にも本当に感謝です。
DA419BFE-A582-4259-BC33-C1A5ADA8FCCB.jpg
とりあえず釣具屋さんでパシャり!

その後捌いてお家で刺身にして、ツレの母親の誕生日会に持って行きました。

脂が乗ってスーパー美味しかったです(TT)
0BB6233C-683A-464D-ADE1-18CD5C1CFDD6.jpg
4分の1はポン酢に漬けて頂きました!

また釣りたいw(@ ̄ρ ̄@)


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3623085249236203"
data-ad-slot="8572024825">

posted by あっと at 01:19| Comment(9) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

伊計島磯、イラブチャー数釣り


とうとう沖縄県も梅雨入りし、釣りに行けないdayが増えそうな予感なこの頃。

運良く曇り空で釣りが出来そうな日に、仕事のお休みをいただきました!




ルアーでウェーディング!とも思いましたがあいにくの長潮。

あまり潮の動きのないときにリーフに行くのも気が引けます。

今回はソロなので海に浸かるのは避けようかな?と思い、ホームの伊計島磯へ

以前30センチのイラブチャーを釣ることができたので、期待大

この日の前日まで、Twitterでフカセメインでやっている方からリールについて色々アドバイスをいただき、SHIMANOのスピニングリールを購入していました。

全誘導でいわゆる沈める釣りをするために、道糸はサスペンドのSUNLINEメーカーの物を巻き、


ウキは0号、細かいアタリでも反応してくれるようにと浮力が低いものを購入

ハリス1.75、針はグレ針5号(オキアミカラー)

個人的には餌さえ違和感なく落とせれば小物ならなんでも釣れそうな仕掛け!

初の全誘導にワクワクしながら、前日は仕事の休憩時間にまっちゃん日記さんの全誘導仕掛けで魚が釣れる瞬間の動画を3回ほど見直し…

アタリが来る瞬間を覚えましたw


いざホームポイントへ

10時半ごろ、いつもの場所はやはりすでに人がいたので、初のポイントへ

お兄さんが1人居ましたが少し離れた隣に入りタックルを準備して釣りスタート

まずは足元に撒き餌を巻いて練り餌を落とすと、道糸がスルスルと海の中に吸い込まれ早々にヒット!

FA79C57D-389D-4A39-BCA7-FBEF603803B5.jpg
うーん、謎の魚!笑

この子は即リリース。でも普段使っている半誘導よりアタリが分かるのでかなり楽しい!

その後小さいミーバイも釣れリリース。

隣のお兄さんが納竿したので入りたかった足場の良いポイントへ移動

昼ごはんを食べてお昼の部開始!

何度か練り餌、オキアミをつけるもバラし、餌取りに取られることが多いため

餌をコーンに変更してみます。

巻き餌で少し離れた場所に小魚たちを避けつつ

形が崩れないよう、シャッキリしたコーンの外皮に針を這わすように通して優しく着水させて針が出ないよう慎重に落としていきます。

二、三メートル落ちたかな?と思ったら若干道糸は緩めで出しておき、水中に吸い込まれるような変化があればアワせ!

すると
8BDA47F3-13B0-4A3C-AB10-24B5D153F24E.jpgC8D1DECC-1421-48DE-93F4-351AEB48989A.jpgA5EE3188-1710-4283-A12F-18073C677893.jpg

型は小さめですが、イラブチャー爆釣!

2時間ほどでイラブチャーとオヤビッチャだけで五匹は釣れました。

PM3時になるとアタリはなくなり、餌取りの活性が上がりコーンも数秒で取られるようになったので終了

少しルアーをキャストしてみましたが脱力感。疲れが勝り日が暮れる前に帰宅しました。

今回分かったことは

コーンをイラブチャーのいるタナまで落とせば、針がバレてなければ釣れる確率はグンと上がる

ハリスはそこまで太くなくてオッケー(小さくてもいいから釣りたいなら)

全誘導は道糸とウキを見て釣るのでアタリの予兆があり楽しい

でした笑

ただ潮や時間などの自然の状況が異なれば、釣れる日、釣れない日がまた別れて来るとは思いますが

うまく自然を理解して利用して釣りが出来れば上級者になれる!?

参考になるかは分かりませんがとりあえず久しぶりの磯釣り報告でしたー!



posted by あっと at 14:24| Comment(9) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク