2018年02月28日

浜比嘉島にてエギ&ライトゲーム


先週からしつこく夜のエギングをしてましたあっとです!

色々と自分で試行錯誤した結果、イカは夜の方が釣れるのではないか?と3日連続でエギングに出かけてきました!




持ってったエギはピョンピョン(3.5)とパタパタ(2.5)でした。

エギング初心者のツレにレクチャーしつつ、釣行です。

まず一日目。

19時半くらいにエギング開始!この日は霧雨。

降り続けるミスト状の雨により背中がびしょ濡れ。おまけに風も強かったです^^;

寒すぎて21時には帰宅。

二日目。

21時からのエギングスタート!

前日より天気も良く、風も強いけどマシ!
コンディションいいねとツレと話していたら私のエギが急に重くなる。

少しドラグも出たので締めつつ半分期待、半分は何も考えずにゆっくり引き寄せると

海面からプシュー!プシュー!と音がなる

まさかのヒットw
098F072D-2FCA-44D0-A7A3-0B3A9C4C0837.jpg
クブシミちゃんでした!350g

の中でピンク、赤系エギは夜に強いと勝手に方程式が出来ました。

その後、写真のエギはライントラブルによりブチンと海にロストorz

しかしエギング開始1時間もせず釣果出たので、嬉しかったが勝りました。

何気に今年の「見えないイカを釣る」目標クリアでした〜!


三日目

新しい赤系のエギを購入し、8時ごろから釣行。

ついでにMyリールのレブロスにPEラインを巻き、前日まで使ってたリールはツレにおさがりとしてプレゼント

ツレはこの日までナイロンリールでやってたので、しゃくれば海面から道糸がポヨンポヨンして上手くアクション取れなかったようでした。

ツレ、初めてのPEでしたが、思ったよりトラブル無く、順調に投げている?と思いきや

一時間ほど投げてるとエギにラインが絡まったらしく、解くのに苦戦してるツレ。

夜の初PEラインは絡まると地獄…。

早々に帰宅してお家で直します。

ツレは日があるときにエギング練習するとのこと


それから一人で仕事が早めに終わった日にライトゲームして来ました!

夕方17時過ぎごろ。

浜比嘉島のビーチで、いつもエギをする防波堤とは反対側でエギを投げてみました。

四投くらいしてルアーに変更

最近春めいてきて、ルアーもお魚さん反応すると聞き

タマン釣るぞ!笑

と、スプーンを投げてみる。

根掛りが怖いので、前回イベントでサービスとしてもらったルアーに100均の針を付けて投げるw

ただ巻きをゆっくりやってみたり、上下にすこし揺らしながらただ巻きしていると……

ロットにぐっぐぐ……とすこしの重みが乗る。

あーーまたモズクか、と思いさっさと引くと
4F4410EB-A2B2-4ED5-852B-F2E1B278638D.jpg

ミニマムエソが付いてましたw

何気にスプーンで初釣果、ちょっと嬉しい

ありがとーと、エソちゃんはリリース。

その後テトラ付近をスプーンが通過すると、ミーバイ?のような小さな魚がアタックする姿が見える。

蛙スプーンの力を知りました……!

今回はボトム付近を狙ったからエソちゃんでしたが、早朝のリーフとかならトップ付近でもお魚さん食いついてきそうです。

その後、夜のナブラに出会い一生懸命ジグを投げると……
7A4BA1E0-E97B-4FC2-886F-644FDFCA0103.jpg
謎の生物と遭遇w

釣り上げた時はびっくりしました!(◎_◎;)

触るのも怖いくらいブニョンブニョン、カオナシ長ニョロニョロだったので即リリース。

いったい何だったのでしょう……。
海の中は不思議ですね〜


今回ちょっと釣れたので調子に乗りつつ笑
色々な生き物に出会えてルアーも楽しい!

ルアーウォーマンになろうかな笑

暖かくなる頃には少しずつ、ルアー極めていきたいです♫


とか考えつつ北部の磯でフカセ釣りに行こうと計画するのであった笑



posted by あっと at 01:20| Comment(6) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

西原マリンパークで短釣り!


先日はフィッシングコンテンツトレードショー後に、ツレとすぐ釣行へ行ってきました〜

とりあえず南部に用事があったので、用事を済ませてからの日が落ちる前の釣行。




西原マリンパークは、夏頃一度行ったものの、同じような時間帯からの釣行で夜まで粘り、釣り上げた魚はミジュン一匹という悲しい思い出があります( ;  ; )

今回も得意の遅刻釣行です。夕まずめ狙いと私は呼んでます笑

心配な点もあるけれど、イベントでモチベーションも上がったばかりなので、やる気はある!時間はない!

この日、エギングオンリーにしたら良かったものの、チヌ釣りで使えなかった撒き餌があったのでせっかくだからとフカセ釣り。

とびきり大きいテトラポットが並ぶ防波堤で、しばらく歩いてポイント探し。

人気スポットなので、釣り人さん多いです。

とりあえず先端で釣ってみようと、500メートルほど?歩いて先端へ……。

正直ガラガラ(荷物乗せるタイヤ付きのアレ)が無かったらきつい距離です(^^;;

先端にて撒き餌を準備するも、外界は追い風で仕掛けも入れられない状態

撒き餌を被りたくないので内海でのんびり餌取りと遊ぶことになりました。

ぱっと見何もいない水中も、撒き餌を3回ほど投げればうじゃうじゃ餌取りが湧きます。

底の方から、トカジャー、ヒメアイゴ、チョウチョウオ、エンジェルフィッシュ(?)が出てくるのが見えます。
しかしどれもミニサイズ

良型は確認できず……。

取り敢えずなにか一匹釣れたら良いなーと、刺し餌投入!

まずは練り餌→不人気

オキアミ→食べられる

ぜったい食わせ→数秒で消えちゃう

潮が満ちて来ていて水深も2、3メートルあるので、タナが取りにくい(^◇^;)

ウキはロストしまくったのでBの中サイズ、たまご型のウキしかない!

刺し餌が落ちない為ギリギリのガン玉を付けて攻めるも、軽い餌以外はウキも一緒に沈んでしまう。

そんな中ミジュン?らしき魚群が目の前をサーっと通り過ぎたりもどかしい!

しばらく軽めの刺し餌でフカセしてみるも、プロの餌取りには勝てず、

すっかり餌やり係になってしまいました。

諦めてエギングをしていると、

日没に差し掛かるとき、一緒に釣行に来ていたツレがキビナゴ仕掛けにいい当たりが来たらしい。

しかし、フッキングが早かったのか、キビナゴは頭だけで帰って来てました!

くやしい〜だけど大きいのがいるかも!とまた遠投して粘ってました。

私はと言うと、先端のテトラ付近でアタリがあったとツレから聞きテトラ近くに移動。

大きい魚が掛かれば、すぐテトラに潜られるだろうなと思いながらも、魚が見えるところで刺し餌のみ落としてみる。

ぱっと見は20センチのアイゴにみえる魚影のうえへゆっくり落として行くと

魚影がパクリと刺し餌を食べた!

即座にテトラ側に行こうとする魚を止めて、ゴリ巻きであげてみる。

引き的に、15〜20センチくらいかな!?と思ってワクワクしてたらまさかの
50752E66-0803-4577-9964-8ED89147263F.jpg
10センチ弱のベイビートカジャーさん。

君こんな小ちゃくても引きあるんだなぁと感心。

たまにSNSで見る40センチのトカジャーを釣った人ってどんだけ腕力あって、やりとり上手なの??と思います笑

ミニトカジャーは弱る前にリリース。

その後日没と共に帰宅しました。

今回は小さかったけど引きが楽しめた!

テトラ側に行かなければ足場も良くて、それなりにお魚も見えて楽しいポイントでした♫

また暖かくなった時にブダイ系狙って行きます!



posted by あっと at 20:34| Comment(6) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

釣った活車海老を食す!


前回の記事にて、フィッシングコンテンツトレードショーで釣った活車海老4匹
早速その日の夜でいただきました!

フライにしても美味しいけれど。

せっかく新鮮なまま仮死状態なので

刺身にして見ました!




まずは頭を落とします

手で思いっきりぶちり。
3ACFDF47-94C3-4E6A-8754-88E74EA66BDC.jpg
7BE722EA-4E6B-4797-84FF-862C7460B032.jpg
仮死状態から目が覚めたエビはぴょんぴょん跳ねるので、ちょっと怖かったです笑

私はぶちりしたらそのまんま体の皮と足をむしります。

身は新鮮なためか、全然崩れないので取りやすい。

しかし落とした頭がピクピク動いて怖い〜!!

頭は素揚げにするので保存です。

全部むしったら、こんな感じ。

1E6A944C-3182-4E54-9C70-577A20D54AFC.jpg

ワサビをおいて、甘口醤油でいただきます!

若干口の中に入れてもピクピク動くので踊り食い状態笑

ツレにもあげたら1匹目が口の中で暴れたらしく

トラウマになったので食べれないとのこと^_^;

代わりにいただきました。

身が新鮮でコリコリしてて甘くて美味!

とても美味しかったです

ツレのために尻尾と頭を素揚げしてあげました。
0906D729-5017-4541-8458-1929940C7679.jpg
エビフライみたいで美味しいです!

もっと食べたい!だけど、調理は四匹くらいで限界ですかね( ;∀;)
仮死状態が治ったら逃げちゃうので大変

のちに調べたら、氷に付けてあげたら動かず捌きやすいとの事でした。

活車海老が手に入ったら、挑戦してみて下さいね♫

口の中で動く海老が美味しいですよ笑

(なるだけ生きてる新鮮な状態での刺身がおススメです。どうしてもできない場合は、冷凍してから湯通しして刺身が可能とのこと)



posted by あっと at 21:16| Comment(2) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク